スポンサーサイト

      2016/04/25 -

一定期間更新がないため広告を表示しています



保育園の先生

      / -
昨日のこと。 畑遠足から保育園に帰ってきました。 帰りのバスではビデオを見ながら少し寝たようです。 隣に座っていたお父さんの腕にくっついて寝ていました。 なんか元気ないなーと感じていました。 この時はきっと眠いんだろうなと思ってました。 保育園に戻ったら着替えてお昼寝の時間です。 でも息子の様子が少しおかしい。 「いつ帰るの?」 お父さんが帰るのかどうかを気にしています。 「まだいるよ。だから早く着替えなさい。」 本当はお昼寝が始まったら帰るつもりでした。 でも息子が泣きそうな顔をしてたので安心させるためにウソをつきました。 息子は頑張ってパジャマに着替えたけど、泣いてしまいました。 お父さんが帰ってしまうのが寂しいようです。 もう年長さんだよ。 子供の中では一番お兄さんなのに。 先生が近寄って「なんで泣いてるの?」と聞いても、息子は泣き過ぎてちゃんと話せない。 頑張ってお布団に入ったけど、ずっと泣いてるので周りの子供達が寝れません。 先生がお父さんのところに来て「今日は昼寝しなきゃいけませんか?昼寝したくないって泣いてるみたいです。」と言うので一緒に帰ることになりました。 一緒にいたお友達のお母さんは「かわいい。お父さん大好きなんだね。」と言っていましたが、そうじゃないでしょ。 情けないなー。 家に帰ったらすごく懐いてくる。 いつもは文句ばっかり言って喧嘩をしかけてくるくせに。 強くなろう!


| 1/51PAGES | >>

profile

selected entries

archives

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR